横浜でマンション改修を行うときの費用はいくらか。

マンション選ぶときのコツ

キッチン本体などでは20年〜25年トイレのでは15から20年、それから給湯器の交換などでは10年から15年は持つとされています。
特に給湯器は早めに交換が必要になる寿命の短いことで有名ですが、それでも10年くらいはもちます。
キッチンなどの場合でも、ガスコンロビルトイン食洗機などといった場合に周辺設備が故障し始める期間が大体10年程度といわれています。
その他バスルームなどは20年以上持ったりもしますが、ユニットバスの場合は10年ほどでそれ以上を過ぎると浴槽の壁の隙間やその次な決めを防ぐための充填剤などがだんだん壊れてくるため壊れやすくなってきてしまうという点があります。
また床暖房などの場合は壊れやすそうに見えますが、非常に耐用年数が長いのが特徴です。
温水パイプなどの場合は30年以上は持つと言うため基本的にあまり交換を考えなくて良い部位と言えるでしょう。
配管や遠い部分などは交換することができないため、そういった交換できな箇所をうまく共有できるのが中古マンション選ぶときのコツでもあります。

帆船日本丸が大規模修繕工事で、旧横浜船渠株式会社第一号船渠が排水されている。
これは初めて見た。
真鶴の小松石で作られた船渠内が見られる機会はなかなか無いので、ご興味がある方は修繕工事中に。
pic.twitter.com/HeIVwXcAGT

— 白土晴一 (@manetoke) 2019年1月22日

水廻りなどを中心に設備などが劣化 | 設備の寿命などはどれくらいなのか | マンション選ぶときのコツ